フィルムコミッションについて

トップメッセージ

すばらしい映像資源を伝えるために

 すみきった風が吹き抜けてゆく自然豊かな街、長野。
 緑ゆたかな田園風景がゆるやかな山間に広がり、ゆったりとした千曲川と犀川が大地の実りを支え、国宝善光寺を中心にした門前町の風景があり、松代町には城下町の面影が生活の中で大切に残されていて、四季折々それぞれの映像資源の宝庫です。

 ながの観光コンベンションビューローでは映像関係者の方々に、この魅力あふれる長野の映像資源を映画やドラマ、CMなどの舞台としてよりいっそう活用していただくため、撮影に協力する地域や施設の情報の提供や、道路や公共建築物での撮影許可の手続き等をサポートする組織『ながのフィルムコミッション』を2003年12月に設立しました。

 ながのフィルムコミッションではエキストラ出演やロケ地の提供など、この映像プロジェクトをサポートしてくださる方を広く募っています。

 映像プロジェクトへの参加を通して映像関係者の方をはじめ、サポートしてくださる多くの方々が、この情景豊かな長野市の魅力を再発見し、私たちのふるさとを大切に守り育てていく、そのプロセスこそが「ながのフィルムコミッション」の活動目的です。