トピックス Topics

125件です。  1 - 10件目|1|2345678910111213

映画「峠 最後のサムライ」小泉堯史監督 舞台挨拶のお知らせ

2022/06/20

現在公開中の映画「 峠 最後のサムライ 」の小泉堯史監督が6月25日(土) 長野グランドシネマズにて舞台挨拶をされます。

 2018年松代の「文武学校」や飯山市の北竜湖資料館など長野県内でも撮影が行われた「峠 最後のサムライ」がコロナ禍によって度重なる延期を経て、ようやく公開となりました。

公開2週目とはなりましたが、6月25日(土)13時からの上映回、上映後に小泉堯史監督の舞台挨拶がございます。

STORY
幕末の動乱期、百年先の世界を見据えた
敵軍50,000人に、たった690人で挑んだ“最後のサムライ”
慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない、武装中立を目指す。戦うことが当たり前となっていた武士の時代、民の暮らしを守るために、戦争を避けようとしたのだ。だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交えるという決断を下す。
妻を愛し、国を想い、戦の無い世を願った継之助の、最後の戦いが始まった……。

- キャスト -

役所広司 
松たか子 香川京子 田中泯 永山絢斗 / 芳根京子 坂東龍汰 榎木孝明 渡辺大 AKIRA / 東出昌大 佐々木蔵之介 井川比佐志 山本學 吉岡秀隆 / 仲代達矢
- スタッフ -
監督・脚本:小泉堯史
音楽:加古隆
原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)
配給:松竹/アスミック・エース

「民は国の本、吏は民の雇」民衆あっての国であり、役人は民衆の為に働くものである…を信念とした、司馬遼太郎が「人間の芸術品」と評した 最後のサムライ「河井継之助」
 仲代達矢さんと役所広司さんの師弟共演を小泉堯史監督が35㎜フィルムで映像化しました‼‼
日本人に観てもらいたい作品です!名言がたくさんです!

 かつて、「蜩ノ記」でも小泉監督は文武学校をそのロケーションの一つとしてお選びいただいたご縁で幾度かお会いする機会に恵まれました。
 35㎜フィルムを用いた映画撮影にこだわられ、「一発勝負のキャメラ3台同時録画」などキャストもスタッフも緊張感に包まれた撮影現場、その撮影スタイルに私は居合や古流武術などに通じる潔い空気「武士道」に通じるモノを感じております。
 天候や周りの環境、役者のコンディションすべてがベストな状態になった一瞬を思い描いた構図で切り取る。「日本映画界の最後のサムライ」・・・・と言うと怒られてしまいそうですが、小泉監督をはじめ黒澤明監督に所縁のある皆様との現場はいつもとても勉強になります。
 
25日(土)久しぶりにお会いできることを心から楽しみにしております。     ながのFC跡部
 
 

映画「きさらぎ駅」公開とロケーションのご案内

2022/06/03

お隣の上田市さんと当市の戸隠牧場で昨年10月撮影が行われた 映画「きさらぎ駅」本日より公開です。
上田FCさんに作っていただいたWEB版ロケ地マップを見ながら2ちゃんねるの恐怖体験の追体験をぜひ!

インターネット掲示板「2ちゃんねる」発の都市伝説をもとに、一人称視点の映像を交えながら描いたホラー映画。2004年、「はすみ」と名乗る女性が、この世に存在しない「きさらぎ駅」にたどり着いた体験をネット掲示板にリアルタイムで投稿していたが、突然書き込みが止まったことで様々な憶測を呼び、現代版「神隠し」として話題となった。それから十数年後。大学で民俗学を学んでいる堤春奈は、「きさらぎ駅」を卒業論文の題材に選ぶ。投稿者「はすみ」の正体が葉山純子という女性だと突き止めた春奈は、調査の末にようやく彼女と連絡を取ることに成功するが……。

主人公・春奈を映画「凪待ち」やNetflixドラマ「全裸監督」の恒松祐里が演じ、映画初主演を飾った。物語の鍵を握る葉山純子を「キューティーハニー」の佐藤江梨子が演じ、「ポプラの秋」の本田望結が共演。監督は、同じくネット発の都市伝説を題材にした「真・鮫島事件」の永江二朗。

映画『きさらぎ駅』
撮影期間 2021年10月
撮影場所 上田市(八木沢駅 上田電鉄別所線車内 旧宣教師館 東山遊歩道 塩野神社)
     長野市 戸隠牧場 ほか
県内上映館 イオンシネマ松本 、上田映劇(7月16日以降2週間上映予定)
2022年製作/82分/G/日本
配給:イオンエンターテイメント
ⓒ2022「きさらぎ駅」製作委員会




出没!アド街ック天国<信州 善光寺>長野ローカルでも明日放映‼

2022/05/27

出没!アド街ック天国<信州 善光寺>NBS長野放送にて5月28日(土)放映!! 善光寺御開帳の直前から4月下旬までの長期にかけて撮影されました
「出没!アド街ック天国<信州 善光寺>」がいよいよ長野県内でも
放映されます。

NBS長野放送にて5月28日(土)16:30から放映!!

40か所以上のスポットと人々に密着し独自の目線で集計された
「善光寺界隈のベスト20」は地元長野の皆さんにとっても必見です!!
是非ご視聴ください。

番組公式サイト(※ネタばれ注意) 
https://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20220430/

松本.長野.大町で撮影 映画「流浪の月」5月13日全国公開

2022/05/12

いよいよ明日、5月13日(金)全国公開する李相日監督最新映画『流浪の月』

実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1 位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じます。恋愛、友情、家族愛……そんな既存の言葉では括れない、限りなく稀有な2人の関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『悪人』『怒り』などの李相日監督。また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督 ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『悪人』など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結します。

松本市を主舞台に、長野市では主人公二人が住むマンションの内外ほか警察署内などのシーンを撮影。二人が住まう印象的な生活空間、ベランダ越しの風景必見です。

松本市が主導して作成したロケ地マップが長野市でも手に入ります。
①長野駅構内 長野市観光情報センター
②長野グランドシネマズ(上映館)

長野県内上映館

松本シネマライツ
イオンシネマ松本
アイシティシネマ
長野グランドシネマズ
TOHOシネマズ上田
岡谷スカラ座
佐久アムシネマ
飯田センゲキシネマズ

全国の映画館でムビチケも発売中!

詳しくは、公式WEBサイトへ。
https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/


長野・新潟・山梨 開運王島田秀平完全ナビ いざ善光寺御開帳へ!

2022/02/14

 長野市出身のタレント島田秀平さんと、山梨・新潟各局のアナウンサーが善光寺御開帳を間近に控える長野市を巡ります。

「善光寺御開帳とは何か?」をわかりやすく解説!
〇川中島古戦場史跡公園の一騎討ちの像から、なぜ武田信玄と上杉謙信は長野で相まみえたのか?
〇甲府市には善光寺そっくりの寺があるのか?
〇上越地方の善光寺にまつわる伝説とは何か?
 3県に及ぶ善光寺の謎とその背景を追います。

 山梨・新潟それぞれに縁のある御開帳を更に楽しむために、善光寺と仲見世などその周辺 更には近隣の戸隠、松代の街並みや魅力を紹介します。
 是非ご覧ください。

放送日:2022年2月19日(土) ごご3:30~4:00

出演者 
島田秀平 行貝寧々(BSNアナウンサー)西垣友香(UTYアナウンサー)


ABN開局30周年記念特別番組「善光寺さん」に憧れて~ 放映のお知らせ

2021/12/28

「善光寺さん」に憧れて~特別な春 御開帳を前に~

善光寺御開帳を記念した特別テレビ番組が放送されます。
2022年春---
長野市では善光寺御開帳が開催されます。
約1400年以上の歴史を持つといわれる善光寺。
なぜこれほどまでに愛されるのか。
歴史をたどりながら、常盤貴子さんが善光寺の魅力をご案内します。
■「善光寺さん」に憧れて
2021年1月2日(日)17:00~17:55
出演:常盤貴子
abn長野朝日放送ほか全国12局 ※abn以外は放送日時が異なります。
番組HP

長野にお住まいのみなさま、
帰省や旅行で長野へお越しのみなさま、そして全国のみなさま!
ぜひぜひご覧ください。

映画『刻』エキストラ募集のお知らせ

2022/05/27

 ⻑野市出⾝の映画監督、塚⽥万理奈が10 年かけて作る映画『刻』の撮影が、今年4 ⽉に⻑野県内で始まりました。『刻』は、塚⽥監督の実体験をベースにした、主⼈公の中学⽣が⼤⼈になるまでの10 年間のお話です。⻑野在住の中学⽣の⼦ども達と、⼀緒に成⻑しながら撮影をする予定で、既に1 年に及ぶワークショップにて⼦ども達と出会い、彼らと共に、『刻』のパイロット版として短編映画『満⽉』を制作しました。
昨年「中学編」の撮影を終えて、今回撮影の⾼校編に参加してもらえるエキストラを募集します。

『刻』についての詳細は以下のホームページをご参照ください。
http://tokifilm.com/

変更になる可能性もありますが、今年と来年の撮影予定は今のところ以下の通りです。
完全ボランディアでの募集となりますので、撮影時にギャラや交通費の⽀給は発⽣しません事をご了承ください。

申込⽅法:こちらをクリック→「エキストラ申し込み」していただき必要事項を記入のうえ送信してください。
※WindowsLIVEメールなどで文字化けしてしまう方は
あて先 atobe@nagano-fc.org
まで 件名を「「刻」エキストラ申込み 2022-6」としていただき
下記内容をにてお送りください。
内容(コピーペーストしてください)~~~~~~~~~~~~~~~~~
参加希望枠 ① ②(※参加できないものは消してください)
 ①
 
6月5日(日) 7:00集合(長野グランドシネマズ)
 ②6月5日(日) 9:30集合(長野運動公園総合運動場 陸上競技場)
参加者⽒名:
メールアドレス:
携帯電話番号:
年齢:
性別:
その他質問等
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
映画「刻-TOKI-」実⾏委員会
toki.workshop.info@gmail.com

募集代行:ながのフィルムコミッション 担当:跡部 090-1044-7602

長野市出身映画監督 塚田万理奈さん新作映画「刻」10年かけて16㎜フィルムで制作開始

「刻」情報サイト ※クラウドファンディング情報を含みます。

あらすじ

 中学二年生の春、小春は所属する陸上部の仲良し二人組の男の子と、いつも一緒にふざけては遊んでいた。小春の家族には、音楽に没頭する憧れの姉や、不登校気味の従兄弟、その従兄弟に頭を悩ます叔母がいる。受験期になり、それぞれの関係性が少しずつ変化する中、小春は中学を卒業する。
 高校生になり、成長していく中で違う道を進み出す小春の仲間たちの人生。大人になり、小春は中学時代の友人と再会する。生死すらも超えていくその時間の中、ただ傍観者だった小春の、それでも忘れなかった時間。
 人生の美しさを見つめた、誰もが持っている記憶のような、約10年間の人々のお話。

企画の概要
 
監督の実体験をベースに、主人公の中学生が大人になるまでの、10年間の物語を映画化します。
 私達の少年少女時代の友人たちは、それぞれ色々な人生に向き合いながら生きています。皆さんも今でも美しい時間を一緒に過ごした仲間の一人が「生きていたらいいな」と思う事はないでしょうか。「撮りながら、周囲の人と、自分自身と、時間を超えて付き合ってみたい。生きることに賭けてみたい」という塚田監督の想いが詰まった実験的で挑戦的な作品になります。  
 そして監督が過ごした長野で、実際に中学生の子供達が成長するのに付き合いながら撮影をします。作品の為に合わせるのではなく、10年かけて生きている人に沿って撮ります。
 主人公の小春、陸上部の山梨と高杉、引きこもりの従兄弟の健、個性的な同級生たちがそれぞれの困難に翻弄されながらも、成長していくストーリーです。実際にキャスティングする子供たちの状況に合わせて、ストーリーも変化していくと想定しています。
 又、デジタルと違い進化し続けるのもではなく、どんなに時がたっても変わらず「なまもの」であり続けるフィルムのあり方に私たちは共感しており、この作品にはフィルムがふさわしいと思っています。難しい挑戦にはなりますが、10年間16mmフィルムで撮影します。

監督・脚本 塚田万理奈
1991年長野市出身。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。卒業制作『還るばしょ』が、第36回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)入選、第8回田辺・弁慶映画祭文化通信社賞受賞、第12回うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテスト審査委員賞受賞、第9回福井映画祭入選。初の長編映画となった『空(カラ)の味』が第10回田辺・弁慶映画祭で弁慶グランプリ・女優賞・市民賞・映検審査員賞と史上初の4冠に輝き、東京テアトル新宿、長野松竹相生座ロキシー始め、全国公開を果たす。

空(カラ)の味
2016 | 125 分
第10回 田辺・弁慶映画祭弁慶 グランプリ・女優賞・市民賞・映検審査員賞

 

還るばしょ
2014 | 36 分
第36回 ぴあフィルムフェスティバル(PFF) 入選
第8回 田辺・弁慶映画祭 文化通信社賞受賞
第12回 うえだ城下町映画祭 自主制作映画コンテスト 審査委員賞受賞
第9回 福井映画祭 入選



プロデューサー 今井太郎
 ロサンゼルスで映画製作を勉強。帰国後サラリーマンとして働く傍ら、MotionGalleryで集めた資金で自主制作映画『山本エリ「復元可能性ゼロ」と化す』を製作し、劇場公開及びAmazonでの配信を果たす。2016年には大阪のCO2が助成する藤村明世監督『見栄を張る』を製作、国内外多数の映画祭で上映され、2018年に国内とタイで一般劇場公開された。日韓合作映画『大観覧車』では制作協力だけでなく初めて劇場配給にも挑戦した。その実績が評価され EAVE Ties That Bind、Busan Asian Film School、Talents Tokyo、Rotterdam Lab、Asia Pacific Screen Lab 、SEAFIC x PAS等、多数の国際共同製作プログラムに参加。現在は国内のみならず海外の若手監督と組み、主要国際映画祭を目指したアートハウス映画の企画開発に注力している。

映画「砕け散るところを見せてあげる」公開のお報せ

諏訪清陵高校など諏訪エリアを中心に #長野県 で全編の約8割を撮影しました!#中川大志 #石井杏奈 主演の映画『#砕け散るところをみせてあげる』がいよいよ4月9日(金)全国公開!!
長野県内のロケ地13ヵ所を網羅した”#ロケ地MAP”も作成しました!ぜひお近くの劇場でお楽しみください。
長野市内でも沢山のエキストラにご参加いただき撮影をしました。
 
【長野県公開劇場】
#岡谷スカラ座 #イオンシネマ松本 #松本シネマライツ #長野千石劇場
 ※長野市内の上映館「長野千石劇場」さんでは劇場内に特設コーナーを設置していただいています。諏訪圏FCさんにおつくり頂いたロケ地マップも有りますのでぜひお越しください。

【長野県の #ロケ地】
諏訪清陵高校、諏訪中央公園、湖明館通り、みつまた橋、多国籍バル Gadogadoなど(諏訪市)、茅野市泉野、諏訪湖(下諏訪町赤砂崎公園付近)、立沢区のため池(富士見町)、新樋橋付近(辰野町)権堂アーケード【権堂商店街】長野電鉄権堂駅【地下鉄】TOMATO食品館、犀川河川敷(長野市)
 
―作品情報―
監督・脚本・編集:#SABU 原作:#竹宮ゆゆこ『砕け散るところを見せてあげる』(新潮文庫nex)
出演:中川大志  石井杏奈
#井ノ脇海  #清原果耶 #松井愛莉 / #北村匠海  矢田亜希子  木野花 / 原田知世  #堤真一
製作:映画『砕け散るところを見せてあげる』製作委員会
企画・制作プロダクション:#ROBOT
配給:イオンエンターテイメント
(c)2020映画『砕け散るところを見せてあげる』製作委員会
 
『砕け散るところを見せてあげる』公式サイト

▼予告

▼SABU監督スペシャルトレーラー第3弾 清澄の声篇

 
―STORY―
平凡な日々を送る濱田清澄はある日、学年一の嫌われ者と呼ばれる孤独な少女・蔵本玻璃に出会う。玻璃は救いの手を差し伸べてくれる清澄に徐々に心を開くようになるが、彼女には誰にも言えない秘密があった・・・。
その秘密に気付き始めた清澄に<恐るべき危険>が迫り、友人の田丸や尾崎姉妹も心配する中、物語は予測できない衝撃の展開を見せていく。この物語は、ラブストーリーなのか、サスペンスなのか・・・。ラストは世代を超えた壮大な愛に包まれる。
 
#ロケ地マップ #信州 #長野 #ロケ #撮影  #映画  #フィルムコミッション #エキストラ #信州フィルムコミッションネットワーク #諏訪圏FC #ながのFC #信州上田FC
 

諏訪圏FCより 長野県 茅野市・富士見町で撮影!浜辺美波主演 映画『約束のネバーランド』12月18日(金)全国公開のお知らせ!!

長野県 茅野市・富士見町で撮影!浜辺美波主演 映画『約束のネバーランド』12月18日(金)全国公開のお知らせ!!

主演の #浜辺美波 さんら子役の皆さん・ #北川景子 さん・ #渡辺直美 さんが、長野県・#伊那市 #茅野市 #富士見町 に訪れ信州の緑豊かな自然を生かして撮影が行われました

コミックス全20巻までの全世界での累計発行部数が2500万部を超えた、『#週刊少年ジャンプ』史上最も異色と謳われた衝撃の脱獄ファンタジー

長野県内のロケ地: #入笠牧場(伊那市)、#蓼科大滝(茅野市)、森(富士見町)

【長野県内上映劇場】12/18(金)~ #岡谷スカラ座 #松本シネマライツ #イオンシネマ松本 #長野グランドシネマズ #TOHOシネマズ上田 #アムシネマ


映画公式サイト 

【原作】「約束のネバーランド」白井カイウ・出水ぽすか(集英社 ジャンプ コミックス刊)
【監督】#平川雄一朗 /【脚本】後藤法子 /【音楽】得田真裕 
【主題歌】ずっと真夜中でいいのに。「正しくなれない」(UNIVERSAL MUSIC)
【CAST】浜辺美波 城 桧吏 板垣李光人 渡辺直美 北川景子
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社 ©2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会